変形性股関節症.健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

変形性股関節症

変形性股関節症とは

股関節は、太ももの付け根にあり骨盤の一部である寛骨臼(かんこつきゅう)の臼蓋(きゅうがい)に大腿骨頭(だいたいこっとう)が収まる構造です。臼蓋と大腿骨頭の表面は軟骨に覆われ周りを関節包という袋に包まれ中には、ごく少量の関節液が入っています。
変形性股関節症とは、先天性や後天性の疾患や外傷によって関節への負担が原因となり軟骨の破壊や軟骨と骨の変形を起こす疾患です。加齢変化によるものがあげられますが、多くは、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全などの発育性股関節形成不全が主なもので、股関節症の全体の80%を占め女性に多いといわれています。

変形性股関節症の症状

  • 立ち上がりや歩き始めの痛み
  • 足の爪切りや靴下が履きづらい
  • 長時間の立位や歩行が困難
  • 和式トイレや正座が困難
  • 股関節の動かせる範囲に制限がある
  • 階段の上り下りに手すりが必要になる

変形性股関節症の検査

診察にて、股関節の痛みの場所や症状、股関節がどのような動きで痛みを感じるのか、可動域の有無を確認します。
画像検査では、レントゲン検査で骨の形や関節の状態、MRI検査で関節軟骨や滑膜、靭帯などの状態を確認します。

変形性股関節症の治療

治療は保存療法と手術療法をがあります。

保存療法(当院で可能)

保存療法として、まず股関節や下肢への負担になる原因を取り除くために、肥満傾向の方は適切な体重のコントロールを行います。日常生活では長時間の歩行や立ち仕事・ヒールのある靴を履かないなど痛みの出る動作は避けるようにするなど安静を基本とし、痛みなどの炎症を抑えるために湿布や内服薬にて経過をみます。

リハビリテーションにて物理療法や手技療法を行い、症状に応じて消炎鎮痛剤(湿布)を用いて経過をみていきます。
当院リハビリテーションでは、筋力低下や関節可動域の改善と痛みの軽減を目的とし、下記の2種類があります。
①手技療法(マッサージ、ストレッチ、筋力トレーニング)
②物理療法(干渉波マイクロ波)

※ リハビリテーション療法は、医師の指示により行います。症状により治療内容が異なります。


手術療法(当院では不可)

手術療法としては、保存療法で効果がみられない場合や股関節の痛みが強く日常生活に支障がある場合は手術が必要となります。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。必要があれば当日レントゲン、MRI検査を行います。
(MRI検査は基本予約制となりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です)。

整形外科医により、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。 当院では、保存療法やリハビリテーション療法があります。保存療法としてはまず安静を第一とし湿布や非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服を行います。
急性期を過ぎると、痛みのコントロールを行いながら症状に応じて股関節周囲や下肢の筋力低下予防のリハビリテーション療法として物理療法(マイクロ波・干渉波)手技療法(マッサージ・ストレッチ・筋力トレーニング)を併用して行います。
これらにより、症状の改善が難しくさらに日常生活への支障がきたす場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

診療時間担当表はこちら

他に、脳の原因の症状(頭痛・上肢、下肢の麻痺・視野障害・感覚障害・意識障害・めまい・ろれつがまわらない等)がある場合は、早急に神経内科・脳外科のある病院を受診しましょう。

上肢の痛みにお困りの方は当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる