腱鞘炎の症状や検査について。健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

腱鞘炎

腱鞘炎とは

手や指を動かすための腱は、腱鞘というちょうど刃の鞘のようなものに包まれています。指や手首などを使い過ぎると、腱と腱鞘がこすれ合い炎症が起きます。
これが腱鞘炎です。
腱鞘炎の原因は、使い過ぎによるもので手や指を主に使う職業の方に多くみられます。
また、筋力が弱いと腱に負担がかかりやすいため、女性が発症する場合が多いです。
腱鞘炎には、手首付近が痛む「ドケルバン病」、指が引っかかったり曲がらなくなる「ばね指」などがあります。

ドケルバン病

手首の親指側の腱と腱鞘に炎症が起こった状態。


ばね指

指を曲げる屈筋腱とこの腱を押さえている腱鞘との間で起こる炎症。

腱鞘炎の症状

ドケルバン病

  • 物を持ったり、ペットボトルを開けるなどの手首を使う動作で痛みが出る。

ばね指

  • 指がピンと伸びた状態になり悪化すると指が曲がらなくなる。
  • 指を屈曲すると伸展できなくなる。

腱鞘炎の検査

基本的に診察にて視診と触診で診断を行います。指の動きやばね指の特徴を確認し、腱鞘の部分を押してみて痛みの有無を確認します。ドケルバン病の診断には、腱鞘部分の腫れや圧をかけた時の痛みの有無を確認し、親指と手首を一緒に小指側に曲げた時の痛みの変化をみて診断するフィンケルシュタインテストを行います。また、レントゲン検査にて他の疾患との鑑別を行う場合があります。

腱鞘炎の治療

治療として、一般的に保存療法と手術療法に分けられます。

保存療法(当院で可能)

保存療法として、基本的には手や指の使い過ぎを控えて安静を保つことが大切です。
痛み、指のひっかかりが強い場合にはステロイド注射を行います。しかし、ステロイド注射は腱鞘の組織自体を痛めてしまう可能性があるため、頻回に行うことはできません。
リハビリテーションにて物理療法や手技療法を行い、症状に応じて消炎鎮痛剤(湿布)を用います。
当院リハビリテーションでは、下記の2種類があります。
①手技療法(マッサージ運動療法)
②物理療法(マイクロ波・ホットパック)

※ リハビリテーション療法は、医師の指示により行います。症状により治療内容が異なります。


手術法(当院では不可)

手術療法として、保存療法では効果がなく再発を繰り返し、日常生活に支障がある場合に行います。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。必要があれば当日レントゲン検査を行います。整形外科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
当院では、保存療法やリハビリテーション療法があります。
保存療法としてはまず、安静を第一とし湿布や非ステロイド性消炎鎮痛剤の服用やステロイド注射にて経過をみていきます。また、リハビリテーション療法として物理療法(マイクロ波・ホットパック)、手技療法(マッサージ)を行います。
これらにより、症状の改善が難しくさらに日常生活への支障がきたす場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

背中の痛みにお困りの方は、かかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる