下肢。大腿部や膝、下腿部、足の痛みや治療|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

下肢(大腿部・膝・下腿部・足)の痛み

下肢の痛みとは

通常、痛みが生じても交感神経の反応はすぐにおさまり、血行が改善されて痛みが静まります。
しかし、痛みが長引くと血行の悪い状態が続いて痛みを起こす物質が多く発生するようになります。
痛みには、炎症や刺激による痛み・神経が障害されることにより起こる痛み・心理的要因によっておこる痛みなどに分けられます。
ここでは、下肢(大腿部・膝・下腿部・足)に分けて考えられる痛みの原因や疾患について考えたいと 思います。

下肢の痛みの主な原因と病気について

大腿部(ふともも)

大腿部は股関節から膝までの部位で身体を支えたり、歩く・走る・ジャンプするなどの動作に関わる役割を担っています。仕事やスポーツでの使い過ぎやケガ(筋肉・靭帯・骨の損傷)の場合、関節の炎症、骨・靭帯等の変形による神経の圧迫や血管の炎症、血行不良により痛みが生じます。

主な大腿部の痛みがある病気 腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症・腰椎すべり症腰部脊柱管狭窄症・肉離れ・ロコモティブ症候群など
主な大腿部の症状 ・痛み・痺れ・筋力低下・腫脹・熱感・内出血など
リハビリ方法 患者様の症状に合わせて安楽な姿勢でマッサージや運動療法を行います。筋肉の柔軟性や血流を改善し自宅での運動指導などにより筋力低下を防止します。
また、腰椎の牽引により脊柱管への圧迫や椎間孔が拡大され血流の改善とともに除痛効果が期待されます。

①手技療法(マッサージ運動療法)
②物理療法(干渉波マイクロ波)


膝は、下肢の関節の中心的な役割を担っており、歩く・座る・立ち上がる等の動作に関わる部位です。肥満や加齢に伴う軟骨や骨の異常による関節の変形・血流障害、またスポーツによる筋肉の疲労やケガ(軟骨・靭帯・筋肉・骨・半月板等の損傷)により痛みを生じます。

主な膝の痛みがある病気 変形性膝関節症膝半月板損傷・オスグッドシュラッター病
・膝蓋腱炎(ジャンパーズニー) ・膝関節靭帯損傷・鵞足炎・ロコモティブ症候群など
主な膝の症状 ・痛み・腫脹・熱感・内出血など
リハビリ方法 患者様の症状に合わせて、マッサージや運動療法を行い膝関節の動きの改善を図ります。
干渉波の電気刺激やマイクロ波の温熱刺激により血行改善することにより除痛効果が期待されます。
症状の強く出る患者様に対しては、生活習慣の改善や筋力強化の為に運動指導を行っています。

①手技療法(マッサージ運動療法)
②物理療法(干渉波マイクロ波)


下腿部(ふくらはぎ)

下腿部(ふくらはぎ)は、大腿部同様体重を支え歩く・走る・ジャンプするなどの動作を可能にする部位です。仕事やスポーツでの使い過ぎやケガ(筋肉・靭帯・骨の損傷)の場合、血管の炎症や血行不良または腰部での脊髄や脊椎神経の圧迫が原因で痛みが生じます。

主なふくらはぎの痛みがある病気 腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア・肉離れ・こむら返り・静脈瘤・ロコモティブ症候群など
主なふくらはぎの症状 ・痛み・痺れ・筋肉のけいれん・内出血・冷感・腫脹・筋力低下・感覚鈍麻など
リハビリ方法 症状の程度により、患者様の状態に合わせた安楽な姿勢でマッサージを行います。
筋肉の柔軟性や血流を改善し自宅での運動指導などにより筋力低下を防止します。
腰椎牽引で脊髄・脊椎神経の圧迫を軽減し、干渉波の電気刺激やマイクロ波の温熱刺激により血流を改善することにより除痛効果が期待されます。

①手技療法(マッサージ運動療法)
②物理療法(干渉波マイクロ波)


足は、地面に力を与える事により立つ・歩く・走る・ジャンプし着地した衝撃を吸収する役割を担っています。仕事やスポーツでの使い過ぎによるケガ(筋肉・靭帯・骨の損傷)、あるいは踵の高いハイヒールを履いたり加齢による筋力低下が原因となって関節が変形します。それに伴い腱や関節の炎症、末梢神経の圧迫が原因で痛みを生じます。

主な足の痛みがある病気 足関節捻挫・足底筋膜炎・外反母趾アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎・ロコモティブ症候群など
主な足の症状 ・痛み・熱感・内出血など
リハビリ方法 症状の程度により、患者様の状態に合わせた安楽な姿勢でマッサージや運動療法を行います。
干渉波の電気刺激やマイクロ波の温熱刺激により血行改善や除痛効果が期待されます。
症状の強く出る患者様に対しては、生活習慣の改善や筋力低下を防止する為に運動指導などを行います。

①手技療法(マッサージ運動療法)
②物理療法(干渉波マイクロ波)

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、下肢(大腿部・膝・下腿部・足)の痛みなどの症状の場合はまず、整形外科を受診して頂きます。
整形外科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。その上で、医師の指示のもとレントゲン・CT・MRIなどの検査を行っていきます。(MRI検査は基本予約制となりますが予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です。)症状の原因が整形外科疾患でない場合は内科医の診察を受けて頂きます。総合的な診察の結果をもとに治療として薬物療法・保存療法としてリハビリテーション療法を当院では行って おります。

診療時間担当表はこちら

他他に脳の原因の症状(頭痛・上肢、下肢の麻痺・視野障害・感覚障害・めまい・ろれつがまわらない等)がある場合は、早急に神経内科・脳外科のある病院を受診しましょう。

下肢の痛みにお困りの方は当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる