頚(首)や肋骨・背中・腰の痛みの症状や検査について|健診会 滝野川メディカルクリニック

頚(首)・肋骨・背中・腰の痛み

頚(首)・肋骨・背中・腰の痛みとは

背中の痛みを引き起こす原因には、様々な病気が考えられます。
背中のどの部分が痛むか、どのように痛むのかである程度の病気の予測はつきます。
今回は、背部痛により予測される整形外科の疾患について述べたいと思います。
現れる痛みや症状の程度、内容には個人差があるのであくまでも参考とするようにしてください。

頚(首)・肋骨・背中・腰の痛みの主な原因と病気について

頚(首)

頚椎は7つの骨で構成されており重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたりと様々な動きを行います。その為、首には負担がかかり年齢を重ねる毎に頚椎そのものも老化します。
神経障害による痛みの原因としては、加齢変化や外傷により椎間板に大きな力が加わり椎間板の中にある髄核と呼ばれる組織が突出して、脊柱管(脊髄や神経根)を圧迫し炎症を起こした状態により起こります。
筋肉の炎症による痛みの原因としては、過度の運動や運動不足、筋力不足、長時間の同じ姿勢を続けることに より起こります。

主な頚の痛みがある病気 頚椎症頚椎椎間板ヘルニア・脊柱靭帯骨化症・肩こり・頭痛・鎖骨骨折・主に外傷
主な頚の症状 ・痛み・熱感・腫脹・痛みによる可動域や日常生活の制限・上肢や指の感覚障害・歩行困難感・排尿障害

肋骨

肋骨は、左右12対の骨で構成されており脊椎から両側に湾曲して内臓を取り囲む形で構成されています。
肋骨の痛みの主な原因として、肋骨の下を走る神経に何らかの原因で痛みが生じたり胸部を強くぶつけたりすることにより起こります。

主な肋骨の痛みがある病気 ・肋骨骨折 ・肋間神経痛 ・肋軟骨炎 ・気胸 
主な頚の症状 ・痛み ・腫脹 ・熱感 ・呼吸困難感 ・受傷した部位の圧痛 ・日常生活動作の制限

背中

背中の痛みの主な原因として、過度の運動や運動不足、筋力不足、長時間の同じ姿勢を続けたり血流が 滞ってしまうこと等があげられます。他にも、脊椎自体の疾患があります。
また、内科疾患に関しては内臓自体に原因があり背中への痛みとしての症状が数多く上げられるため、痛みの原因がわからない場合には素人判断をせずに医療機関を受診するようにしましょう。

主な背中の痛みがある病気 ・狭心症・心筋梗塞・腎盂腎炎・尿路結石・膵炎・膵臓癌・肝臓癌・胆石症・帯状疱疹ヘルペス・肋間神経痛・むち打ち症椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症・凝り症・胸椎圧迫骨折・(主に)外傷全般など
主な背中の症状 ・痛み・熱感・腫脹・痛みによる可動域や日常生活の制限など
疾患や背中のどの場所で痛みが生じているかまたは痛みの程度によって起こる痛みと共に付随して起こる症状は全く異なってきます。

腰の主な痛みの原因として筋肉の炎症や刺激による痛みと神経の障害による痛み、内臓疾患による痛みに
わけられます。
筋肉の炎症による痛みの原因としては、過度の運動や運動不足、筋力不足、長時間の同じ姿勢を続けることにより起こります。
神経障害による痛みの原因としては、加齢変化や外傷により椎間板に大きな外力が加わり椎間板の中にある
髄核と呼ばれる組織が突出して脊柱管(脊髄や神経根)を圧迫し炎症を起こした状態により起こります。
原因不明の腰痛の中には、ストレスなどにより自律神経が影響を受け交感神経と副交感神経のバランスが崩れまた、筋肉が長時間緊張することにより血行不良を起こし発症するケースもあります。
内臓疾患による痛みの原因としては、内臓自体に原因があり背中への痛みとしての症状が数多く上げられるため、痛みの原因が分からない場合には素人判断せずに医療機関を受診するようにしましょう。

主な腰の痛みがある病気 急性腰椎症(ぎっくり腰)・慢性腰椎症・腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症・変形性脊椎症・腰椎変性すべり症腰椎圧迫骨折・脊椎腫瘍・尿路結石・腎盂腎炎・膵炎・膵臓癌・肝炎・子宮内膜症・子宮筋腫・子宮癌など

主な腰の症状

・痛み・熱感・腫脹・痛みによる可動域や日常生活の制限・内出血・腰全体のだるさなど

肩甲骨周囲の痛み

背部で、肩甲骨周辺が痛む場合の整形外科の疾患について

姿勢
現代では、パソコンやスマートフォンの普及により姿勢が悪かったり、猫背になる時間が長くなると肩甲骨に負担がかかり痛みが強くなることがあります。
日常生活において自覚症状がある方は、一度生活を見直してみて下さい。
ストレス
疲労やストレスが溜まると身体のあらゆる部分に痛みや違和感が出現します。
適度な休息をとるようにしましょう。
筋肉痛
過度な負荷がかかったり、肩~首筋にかけて張りやこわばりがあると、痛み・不快感が出現する場合があります。適度なストレッチやマッサージを行うようにしてみましょう。

背中中央の痛み

背部で、背中中央周辺が痛む場合の整形外科の疾患について

脊髄神経の圧迫または損傷
加齢に伴って椎間板が劣化すると、骨・周辺組織の変化や外傷・物理的損傷により脊髄の神経が圧迫されることで痛みが増すことがあります。首の神経は上肢に、腰の神経は下肢につながっているために痺れや麻痺が生じることがあります。
原因不明(ストレス)
ストレス過多によっても生態防御反応の1つとして交感神経の活性化が持続し、痛み自体を感じやすくなることがあります。

病院を受診する目安

     

背部痛に関して、痛みの程度にもよりますが筋肉痛や筋肉疲労であれば休養によって3~4日くらいで治ります。しかし痛みが1週間以上継続しますと内臓を悪くしている可能性が考えられます。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※医師の指示にて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて治療を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。(現在リハビリは行っておりません)

当院では、安静にしていても痛みが治まらず逆に悪化したりする場合や整形外科か判断がつけられない場合は内科の受診、安静にしていると背中の痛みは気にならないが身体を動かし、体勢を変える等により痛みが強くなる場合は整形外科の受診をお勧めします。
診察の内容に応じて必要性があれば、レントゲン・CT・MRI検査、血液検査を行います。
(MRI検査は基本予約制となりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です)
内科医または整形外科医により、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
検査や診察の結果、当院での継続治療が可能な場合は内服治療などの保存的治療を行っていきます。
専門的な治療が必要または当院で治療を行っても症状の改善が見られない場合は専門の医療機関に紹介させて頂きます。

診療時間担当表はこちら

他に、脳の原因の症状(頭痛・上肢、下肢の麻痺・視野障害・感覚障害・意識障害・めまい・ろれつがまわらない等)がある場合は、早急に神経内科・脳外科のある病院を受診しましょう。

背中の痛みについて(内科領域)はこちらをご覧ください。

上肢の痛みにお困りの方は当院では、整形外科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる