へバーデン結節について|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

へバーデン結節

へバーデン結節とは、指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。
一般に40歳代以降の女性に多く発生し指を良く使う人になりやすい傾向から、関節の使いすぎによる変形(外傷性)と遺伝による変形(非外傷性)がありますが証明はされていません。

へバーデン結節の症状

示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。痛みを伴う事もあり動きが悪くなったり、強く握ることが困難になります。また、水ぶくれのようになることもあります。(ミューカスシスト)

へバーデン結節の検査

基本的に診察にて問診と視診で診断を行います。指の動きや痛みの特徴を確認し、第1関節の変形・突出・疼痛がありレントゲン写真で関節の隙間が狭くなったり関節が壊れたり骨の棘(骨棘)などの変形性関節症を 認めればヘバーデン結節と診断されます。(関節リウマチとは異なります)

へバーデン結節の治療

治療は保存療法と手術療法を行います。

保存療法(当院で可能)

保存的療法は基本的には指の使い過ぎを控えて安静を保つことが大切です。(テーピングを含む) 急性期で痛みが強い場合にはステロイド注射を行います。しかし、ステロイド注射は軟骨萎縮などの副作用を起こす可能性があるため、頻回に行うことはできません。


手術法(当院では不可)

手術療法は保存療法で痛みが軽減しない、関節が不安定で変形がひどく日常生活に支障が出るような場合に行います。関節固定術・関節形成術があります。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。必要があれば当日レントゲン検査を行います。整形外科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
当院では保存療法としてはまず、安静を第一とし湿布や非ステロイド性消炎鎮痛剤の服用やステロイド注射にて経過をみていきます。
これらにより、症状の改善が難しくさらに日常生活への支障がきたす場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

背中の痛みにお困りの方は、かかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる