ガングリオンの原因と痛み|健診会 滝野川メディカルクリニック

ガングリオンについて

ガングリオンの原因

ガングリオンとは手足などにできるコブ状の腫瘤(しゅりゅう)です。中にゼリー状の物質が詰まり膨らんだ腫瘍で、多くは良性の腫瘍です。まれに手以外の関節や、腱(骨を動かすためのスジ)のまわり、膝の半月板や脊椎の椎間板などの軟部組織のそばにも発生することがあります。

関節包由来のものと腱鞘由来に大きく別れます。関節や腱を滑らかに動かすための潤滑油にあたる滑液が、ガングリオンの袋中に送られ、濃縮してゼリー状にたまってくることで発生するといわれています。
※ガングリオンができやすい部位は全体約7割が手首の甲で、約1割が足や足首です。

・手首
・足のくるぶし
・手の甲・足指
・手の親指
・膝など

ガングリオンの症状

腫瘤は軟らかいものから硬いものまであり、通常は無症状のことが多いですが、ガングリオンが神経を圧迫するほど大きくなり、痛みや痺れ手足の動かしにくさといった症状が現れます。

ガングリオンの好発年齢

子供~高齢者まで幅広くみられるが、特に20~50代の女性に多い。

ガングリオンの検査

基本的に診察にて問診と視診、触診を行います。ガングリオンが皮膚の表面から確認でき楕円形のような腫瘤であることが多くみられます。腫瘤に注射針を刺してゼリー状の内容物が吸引できれば、ガングリオンと診断できます。なかにはガングリオンと似た症状の疾患や外側から触れない小さなガングリオンは診断がつきにくいので、必要に応じて画像診断としてMRIを行います。
※ガングリオンの似たような疾患について
腱鞘巨細胞腫…手や足にある「腱鞘(けんしょう)」とよばれる組織に良性の腫瘍ができる病気です。
ガングリオンとは画像検査などを用いて区別することができます。

粉瘤(ふんりゅう)…皮膚の下にできた袋状の構造物の中に老廃物が溜まってコブのようになったものです。
感染が起きると皮膚の赤みが強くなる点です。

脂肪腫…脂肪でできた良性の腫瘍で、皮膚のすぐ下にできることが多く、柔らかい脂肪腫に対して
ガングリオンはゴム状の硬さであることが多いです。

 

ガングリオンの治療

ガングリオンは良性腫瘍であるため治療せずに放置していても心配ありません。腫瘤が大きくなり痛みや痺れ、手足が動かしづらいなどの症状がある場合は治療が必要です。

保存療法(当院で可能)

腫瘤に注射針を刺して、注射器でゼリー状の内容物を吸引します。


手術療法(当院では不可)

繰り返し内容物が溜まる場合には、手術による除去が行われることもあります。
手術をしても再発の可能性があります。また、手術では瘢痕(術痕)が残る可能性があるので、形成外科の受診をオススメします。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。他の疾患との有無のために鑑別の必要に応じて当日MRI検査を行います。(MRI検査は基本予約制になりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です。)整形外科医により、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。保存療法としては腫瘍を注射器にて吸引し症状の軽減を図ります。その他に湿布にて経過をみていきます。これらにより症状の改善が難しく進行する場合には専門の医療機関にご紹介させて頂きます。

当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる