石灰沈着性腱板炎 | 健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

石灰沈着性腱板炎

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じて起こる肩疾患の中で最も急激かつ激烈な痛みを生じる疾患です。この石灰が時間の経過と共に蓄積し膨らんでくると痛みが増強してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出ると激痛となります。

石灰沈着性腱板炎の症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まります。痛みで睡眠が妨げられ関節を動かすことができなくなります。例えば、衣類の着脱を他人に手伝ってもらわないとできない・歯を磨くことが痛くてできない・反対側の手で支えないと腕があげられない等です。また、石灰沈着性腱板炎は症状や出現期間により3つの型に分けられます。

  • 急性型 発症後1~4週で強い症状を呈する  
  • 亜急性型 中等度の症状が1~6ヵ月続く
  • 慢性型 運動時痛などが6ヵ月以上続く

石灰沈着性腱板炎になりやすい人

年齢は、30~50代に多く女性が60~70%を占めます。肩腱板に石灰が沈着する原因については、いまだ特定されていません。

石灰沈着性腱板炎の検査

肩関節周囲炎の症状と同じ類似しているため、レントゲンによって腱板部分の石灰沈着の所見を確認していく必要があります。また、石灰沈着の位置や大きさを確認するためにCT検査、まれに腱板断裂を合併することもあるのでMRI検査を行う必要があります。 

肩関節レントゲン写真
肩関節MRI検査写真

石灰沈着性腱板炎の治療

治療として、一般的に保存療法と手術療法に分けられます。

保存療法(当院で可能)

急性期の痛み時には、激痛を早く除去するために腱板に注射器にて針を刺し沈着した石灰を破り、ミルク状の石灰を吸引します。その後は、肩関節の安静を図り非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服や湿布、肩関節内への副腎皮質ステロイドホルモンや局所麻酔剤の注射が有効です。
リハビリテーションにて物理療法や手技療法を行い、症状に応じて消炎鎮痛剤(湿布)を用います。 当院リハビリテーションでは、下記の2種類があります。
①手技療法(マッサージ、ストレッチ、筋力トレーニング)
②物理療法(マイクロ波)

※ リハビリテーション療法は、医師の指示により行います。症状により治療内容が異なります。


手術法(当院では不可)

手術療法として、保存療法を行っても効果がなく痛みを繰り返したり増している、運動機能障害の進行により生活の質の低下がみられる場合に手術で摘出することもあります。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。必要があればレントゲン、CT、MRI検査を行います。(MRI検査は基本予約制になりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です。)整形外科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。当院では、薬物療法・リハビリテーション療法があります。薬物療法としては、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服や湿布または肩関節内への副腎皮質ステロイドホルモンと局所麻酔剤の注射を行います。急性期を過ぎるとリハビリテーション療法として物理療法(マイクロ波・干渉波)、手技療法(マッサージ)にて拘縮予防や筋力強化を行います。これらにより症状の改善が難しくさらに運動障害が進行する場合には専門の医療機関に紹介させて頂きます。

背中の痛みにお困りの方は、かかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる