肘部管症候群の症状や検査について|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

肘部管症候群

肘部管症候群の原因

肘関節は上腕骨(肩~肘の間の骨)と橈骨・尺骨(肘~手首の間にある2つの骨)の3つの骨から構成され腕の屈伸(曲げ伸ばし)・回旋(腕をひねる)の動きに対応しています。
肘部管症候群は肘関節部内側の肘部管(トンネル)を走行する神経(尺骨神経)が圧迫されることによって引き起こされます。
原因として、手や肘を酷使する仕事や日常生活のケガ・スポーツ外傷による骨折、加齢による骨の変形、ガングリオンなどの腫瘍による神経の圧迫が痛み・筋力低下の症状を引き起こします。

肘部管症候群の症状

  • 母指(親指)・示指(人指し指)の一部が萎縮(筋肉がやせる)
  • 手の筋力低下(握力低下)
  • 小指・環指(薬指)の手のひら側のしびれ・痛み
  • 箸を持つなど手の細かい動作が困難
  • 小指・環指(薬指)の麻痺による変形(かぎ爪変形)

肘部管症候群になりやすい人

  • 野球や柔道など肘に負担がかかるスポーツを行う方
  • 加齢による肘の骨の変形
  • 骨折、脱臼などの外傷による肘の骨の変形
  • 力仕事など手を酷使する仕事
  • 腫瘍(ガングリオンなど)による圧迫
  • 交通事故によるケガ

肘部管症候群の検査

診察にて、上肢(上腕~手指)の痛み・しびれ・変形などの範囲、どのような動きで痛みを感じるのか(チネルサイン・肘屈曲テストなど)を確認します。画像検査では、レントゲン検査により肘の骨の変形の有無を確認します。MRI検査ではガングリオンなどの腫瘍が疑われる場合に行います。

肘部管(ちゅうぶかん)症候群の治療

治療として、一般的に保存療法と手術療法に分けられます。

保存療法(当院で可能)

保存療法として、上肢(上腕~手指)の痛み・しびれなどの症状が強い場合は、日常生活での安静を基本とし、痛みなどの炎症を抑えるために湿布や内服薬にて経過をみます。
リハビリテーションにて物理療法や手技療法を行い、症状に応じて消炎鎮痛剤(湿布)を用いて経過をみます。
当院のリハビリテーションでは、下記の2種類があります。
①手技療法(マッサージ、ストレッチ、筋力トレーニング)
②物理療法(干渉波マイクロ波)

※ リハビリテーション療法は、医師の指示により行います。症状により治療内容が異なります。


手術療法(当院では不可)

手術療法としては、保存療法で効果がみられない場合や腫瘍(ガングリオンなど)による圧迫、骨折・脱臼などの外傷が原因で、痛み・しびれなどが増強し日常生活に支障がある場合は手術が必要となります。

当院での受診の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    レントゲンやMRI検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。
    ※緊急性に応じて、当日のMRI検査も可能
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、薬物療法・物理療法・運動療法を行います。手術が必要な場合は、専門の医療機関へ紹介させて頂きます。

当院では、整形外科を受診して頂きます。必要があればレントゲン、MRI検査を行います。
(MRI検査は基本予約制となりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です)。
整形外科医により、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
当院では、保存療法やリハビリテーション療法があります。保存療法としてはまず安静を第一とし湿布や非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服にて経過をみていきます。リハビリテーション療法として 肘の骨折やガングリオンなどの腫瘍が原因でない場合に限り、物理療法(マイクロ波・干渉波)、手技療法(マッサージ・ストレッチ・筋力トレーニング)を併用して行います。これらにより、症状の改善が難しくさらに日常生活への支障がきたす場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

背中の痛みにお困りの方は、かかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる