電気治療の効果を発揮することができる干渉波について健診会 滝野川メディカルクリニック

干渉波

干渉波とは

干渉波とは、2種類の電流(中周波)を身体内で干渉させ電気治療の効果を発揮することができる治療機器です。電流を流しても皮膚抵抗を受けにくく電流の出力を調節できるため、深部の筋肉が反応するまで電流を上げることが可能です。当院で使用する干渉波は、主に一般の治療院で使われている電気治療機器に比べビリッとした感じや患部にひびくような痛みが少なく程よい刺激で治療することができます。

頚(首)の干渉波

頚(首)の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や筋肉の緊張の緩和、患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやコリを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示により頚部から腕・手にかけての痛みやしびれを訴える変形性頚椎症や頚椎症性神経根症、頚椎脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニアなどの疾患やその他に、急性期を過ぎたムチ打ち症などに対して医師の指示により行います。

頚の干渉波
頚の干渉波
干渉波

首周辺の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の張りや緊張の緩和を図り首の痛みや不快感、コリの解消を行います。

肩の干渉波

肩の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や筋肉の緊張の緩和、患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやコリを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示により肩関節や肩周辺の痛みがある40肩・50肩(肩関節周囲炎)、石灰沈着性腱板炎、損傷した筋肉や腱の痛みがある肩腱板断裂などの疾患に対して行います。

肩の干渉波
肩の干渉波
干渉波

肩や肩周辺の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の張りや緊張の緩和を図り、腕にかけての血流の循環を改善することで肩の痛みや不快感を解消します。

肘~腕の干渉波

肘~腕の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやこりを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示により神経損傷による痛みやしびれ症状のある正中神経麻痺、尺骨神経麻痺、肘部管症候群、腕の筋肉や靭帯、腱の炎症による痛み症状のある野球肘やテニス肘、肘の関節の変形に伴い痛みやしびれ症状のある変形性肘関節症などに対して行います。

肘~腕の干渉波
肘~腕の干渉波
干渉波

肘から下の腕の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の緊張の緩和や血液循環を図り腕全体の痛みやしびれの軽減を行います。
また、神経損傷などにより動きづらくなった筋肉を刺激することにより動く範囲の拡大を目指します。

背中~腰の干渉波

背中~腰の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や筋肉の緊張の緩和、患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやコリを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示により脊椎が圧迫され狭くなることにより神経障害をきたす腰椎変性すべり症、腰椎脊柱管狭窄症、椎間板に大きな外力が加わり内部の髄核が飛び出し神経を圧迫する腰椎椎間板ヘルニア、外傷や骨粗鬆症が原因で起こる腰椎圧迫骨折、腰の骨を支える関節や靭帯に急激な圧力が加わり起こるぎっくり腰、背中全体の筋肉疲労による背中の痛みなどに対して行います。

背中~腰の干渉波
背中~腰の干渉波
背中~腰の干渉波

背中や腰周辺の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の張りや緊張の緩和を図り腰の痛みや不快感、コリの解消を行います。
また、血流の循環を図りお尻から下肢にかけての痛みやしびれの軽減を行います。

膝~足の干渉波

膝~足の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や筋肉の緊張の緩和、患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやコリを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示により膝の関節や軟骨の変形、靭帯損傷の痛みで日常生活の制限が起こる変形性膝関節症や膝内側側副靭帯損傷、半月板損傷、ふくらはぎの筋肉が断裂する下腿部挫傷などに対して行います。

膝~足の干渉波
膝~足の干渉波
膝~足の干渉波

膝やふくらはぎ周辺の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の張りや緊張の緩和、血液循環を図り膝やふくらはぎの痛み、不快感の解消を行います。

足首周辺の干渉波

足首周辺の干渉波の効果

干渉波では、痛みや筋緊張の強い部分に電気刺激を加えることで筋肉や血管が収縮・拡張を繰り返し、血流改善や筋肉の緊張の緩和、患部周囲の組織代謝が促進され慢性的な痛みやコリを解消します。
リハビリテーションでは、医師の指示によりアキレス腱自体の炎症により痛みを伴うアキレス腱炎、足の外傷による足関節捻挫、足底腱膜の炎症や小さな断裂による足底腱膜炎などに対して行います。

足首周辺の干渉波
足首周辺の干渉波

足関節周辺の筋肉に電気刺激を行うことで血行不良の改善や痛みの緩和を図ることができます。
電気刺激効果により筋肉の張りや緊張の緩和を図り足関節の血流の循環を改善することで、痛みや不快感の解消を行います。

動画で干渉波を見る

動画で干渉波を見る

注意事項

患者様の症状や既往歴(過去にかかった病気)を考慮し、更に電気治療後の患者様の訴えを聞きながら最終的な電流の出力を設定していきます。
治療時間は、約12分で通電しやすくする為に水を含ませたスポンジに陰圧をかけパッドが外れないように皮膚に密着させます。
不快感や痛みがある場合はリハビリスタッフまたは医師にご相談ください。

背中の痛みにお困りの方は、かかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、整形外科にご相談下さい。
また、リハビリテーション科とも連携しております。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる