熱中症 | 健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

熱中症

熱中症とは日射病や熱射病の総称で「高温下での運動や労働のため、発汗機能や循環系に異常をきたして起こる病気です。体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともある」とされています。

熱中症の症状

熱中症には・熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病があります。

熱失神

主な症状

  • めまい
  • 失神

主な原因

直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内でおき、発汗による脱水と末端血管の拡張によって、身体全体の血液の循環量が減少した時に発生します。

治療法

脱水を補うための輸液療法(点滴)と冷却療法を行います。重症度はⅠ度です。


熱けいれん

主な症状

  • 痛みを伴った筋肉のけいれん。足や腹部の筋肉に起こりやすい。

主な原因

大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した時に発生します。

治療法

食塩水の経口投与を行います。重症度はⅠ度です。


熱疲労

主な症状

  • 発汗著名
  • 皮膚は青白く体温は正常かやや高め。
  • めまい、頭痛、吐き気、倦怠感を伴うことも多い。

主な原因

多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になった時に発生します。

治療法

脱水を補うために輸液療法(点滴)と冷却療法を行います。熱射病の前段階ともいわれ、この段階での対処が重要となります。重症度はⅡ度です。


熱射病

主な症状

  • 汗をかいておらず、皮膚は赤く熱っぽく体温は39℃を超えることが多い。
  • めまい、吐き気、意識障害、錯乱、昏睡、全身けいれんなどを伴うこともある。

主な原因

視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温中枢機能が失われることにより生じます。

治療法

そのままでは死に至ることもあり、極めて緊急に対処し救急車を手配し専門病院での輸液療法(点滴)や冷却療法が必要です。重症度はⅢ度です。

熱中症の予防

休息・睡眠を十分にとる

疲労の蓄積は集中力の低下につながり、身体の機能が正常に働かなくなります。睡眠不足も免疫機能低下によって熱中症を引き起こしやすくなります。睡眠時間は8時間を確保し生活リズムを整えましょう。

水分と塩分(ミネラル)の補給を適度に行う

喉が渇いていなくても水分は適度にとり、喉が渇いた状態になっているときでは遅いので水やスポーツドリンクは携帯するようにしましょう。

服装に気をつける

直射日光を防ぐためにも野外活動時には帽子をかぶるようにしましょう。

涼しい場所を確保する

直射日光は避けて日陰になっているような涼しい場所にいましょう。家の周りに水をまいて、水の気化熱を利用して体温を下げるのも効果的です。

熱中症は夏だけの病気ではありません。激しいスポーツや重労働の場合は季節を問わずいつでも起こり得ます。熱中症が危険なのは自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度と思っている間に症状が進んでしまうことが多くあります。
炎天下や暑い場所に長くいる間は、自分で気をつけるのはもちろん、周囲の人とも気をつけ合うことが大切です。

当院での受診の流れ

当院では、内科を受診して頂きます。内科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
軽度の症状に対して点滴などの輸液療法や経口による電解質の補充、冷却を行っていきます。
脱水症状の改善が難しく重度の熱中症の場合は生命の危険があるため、専門の医療機関に救急搬送させて いただきます。

診察の流れ

  • STEP1 診察
    症状の程度、随伴症状に基づいて問診を行います。上記をふまえ、必要な検査を判断します。
  • STEP2 検査
    症状、随伴症状に応じて、血液検査・心電図検査やCT・MRI検査等の画像診断を行い治療方針を決めます。
    ※MRI検査は予約状況や緊急性に応じて当日の検査が行えます。
  • STEP3 治療
    診断疾患に応じて、治療を行います。
    慢性疾患や急性期疾患に対する薬物療法を行います。専門の医師による診察・治療が必要な場合は紹介させて頂きます。

1.診療の流れ

  • 当院では、上記症状が出現した場合には内科を受診して頂きます。
  • 内科医による、症状の程度や随伴症状に関する問診を行います。
  • 問診や触診などの診察をふまえ、経過観察でよいのか、または必要な治療について判断します。

2.検査

  • 症状に応じて、血液検査・心電図検査を行い治療方針を立てます。
  • 症状、随伴症状により脳疾患や胸部・腹部疾患の疾患鑑別の為、レントゲン・CT・MRI検査等の画像診断を行います。
    (MRI検査は予約状況や緊急性に応じて当日の検査が行えます。)

3.治療

診断結果に応じて、保存療法と緊急性を伴い専門の医療機関へ紹介させて頂く方法に分かれます。

<保存療法>
生活習慣病などの慢性疾患(高血圧・高脂血症・糖尿病)、突発的な症状(風邪・頭痛・腹痛・下痢など)や大学病院からのフォローアップに対して薬物療法を行います。
また、症状に応じて点滴や注射を行います。

<専門の医療機関への紹介>
上記の治療により症状の改善が見込まれない場合や進行する場合、緊急性を伴う急性疾患や専門の医師による診察・治療が必要な場合は専門の医療機関に紹介させて頂きます。

症状に思い当たる方はかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら

診療についてClinic

月~金

午前  9:00~11:30
午後 14:00~17:30

※土・日・祝日は休診となります

お問い合わせ

03-3910-3441

  • 症状から診療科を探す
  • 症状から病気・原因を探す(整形外科)
  • 症状から病気・原因を探す(内科)
ページトップへもどる