背中の痛みと内臓疾患について|健診会 滝野川メディカルクリニック

背部痛について

背中の痛みを引き起こす原因には、様々な病気が考えられます。
背中のどの部分が痛むか、どのように痛むのかである程度の病気の予測はつきます。
今回は、背部痛により予測される内科の疾患について述べたいと思います。
現れる痛みや症状の程度、内容には個人差があるのであくまでも参考とするようにしてください。

右背中(右背部痛)

背部で、右手側が痛む場合の内臓疾患について

肝臓疾患(肝炎・急性肝炎・肝癌)
【原因】ウイルス・多量のアルコール・薬剤性・針刺し・性行為・遺伝性によるものがあります。
【症状】発熱・食欲不振・吐気・嘔吐・腹痛・黄疸・浮腫・尿の濃染・皮下出血・腹部違和感
胆嚢疾患(胆石・胆のう炎・胆嚢癌・胆肝癌)
【原因】胆石は食べすぎ、脂肪分の過剰摂取、肥満、ストレス、不摂生があげられます。胆嚢炎は、胆嚢内に胆汁の流れを妨害する物質があり、細菌が繁殖することにより起こると考えられます。
【症状】黄疸・吐気・嘔吐・尿の濃染・白い便が出る・下血・下腹部から右脇腹にかけての激しい痛み
原因不明
ストレス等の可能性

左背中(左背部痛)

背部で、左手側が痛む場合の内臓疾患について

胃疾患(胃潰瘍・胃炎・神経性胃炎)
【原因】暴飲暴食やストレス、内服薬の副作用などの刺激やアレルギー感染によるものが考えられます。
【症状】胸やけ・胸や胃のむかつき・吐気・嘔吐・ゲップ・吐血・下血
心疾患(狭心症・心筋梗塞)
【原因】動脈硬化、血管の痙攣、加齢
加齢や不規則な生活習慣により冠状動脈の血管壁にコレステロールが溜まると血管内が狭くなります。そのため、血液が流れにくくなり心臓に送る血液が不足することにより起こるのが狭心症です。 血管が狭くなる原因としては、高血圧・糖尿病・高脂血症で起こる動脈硬化が大多数を占めます。 心筋梗塞は動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪の固まりが破れて、心臓に栄養を送る冠状動脈に血栓ができ心臓に血液がいかなくなった状態をいいます。
【症状】背中の左側~左下の痛み・動悸・息切れ・呼吸困難・不整脈・頭痛・吐気・嘔吐・顔面蒼白・冷や汗・除脈・血圧の低下
<狭心症>胸の痛みは発作的に突然痛くなり、数分経つと消えてしまうのが特徴です。
<心筋梗塞>胸の前部に圧迫感を伴う激痛が走り、痛みが30分以上続きます。
膵臓疾患(膵炎・膵癌)
【原因】急性膵炎の原因はアルコール摂取により脾臓に刺激が与えられ膵液の分泌が盛んになり、脾臓に過度な負担がかかり膵炎になる場合と胆石が膵管の出口にて膵液の流れを塞ぎ膵炎になる場合、その他原因不明があります。
【症状】みぞおち~左脇腹上部にかけての痛み・黄疸・吐気・嘔吐・下痢・便秘がみられ重症化すると顔面蒼白になり、意識障害や血圧の低下等を招く可能性があります。

背中中央(中央背部痛)

背部で、中央部分が痛む場合の内臓疾患について

帯状疱疹
帯状疱疹のようにウイルス感染の場合、神経に沿って症状がおきることから、背中の神経にも痛みが出現する可能性があります。
急性腎炎
背中を叩いてみて響くような痛みがある場合は腎結石や腎炎の可能性が考えられます。
原因不明
ストレス等の可能性

当院での受診の流れ

当院では、安静にしていても痛みが治まらず逆に悪化したりする場合や整形外科か判断がつけられない場合は内科の受診、安静にしていると背中の痛みは気にならないが身体を動かし、体勢を変える等により痛みが強くなる場合は整形外科の受診をお勧めします。
診察の内容に応じて必要性があれば、レントゲン・CT・MRI検査、血液検査を行います。
(MRI検査は基本予約制となりますが、予約の空き状況や緊急性の程度により当日の検査も可能です)
内科医または整形外科医により、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
検査や診察の結果、当院での継続治療が可能な場合は内服治療などの保存的治療を行っていきます。
専門的な治療が必要または当院で治療を行っても症状の改善が見られない場合は専門の医療機関に紹介させて頂きます。

背中の痛みについて(整形外科領域)はこちらをご覧ください。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる