狭心症について。検査も。東京都北区健診会滝野川メディカルクリニック

MENU

狭心症について

狭心症の原因

心臓の栄養血管である冠動脈の血流が不足する事によって、心筋が酸素不足に陥ります。その為に、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気が狭心症です。
血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な血流や酸素が送り込めないときに胸の痛みが起こります。

血管狭窄の原因の大多数は、
・糖尿病・高脂血症・高血圧などの生活習慣病や加齢により起こる動脈硬化(血管が硬くなった状態)です。
多くの場合、動脈硬化によって生じた冠動脈の狭窄が血流を障害する事が原因となります。
また、冠動脈が収縮、大動脈弁膜症が原因になることもあります。

狭心症の症状

代表的な症状
  • 胸痛・胸が締め付けられる感じ
  • 胸が押さえつけられる感じ
  • 胸が焼け付くような感じ
  • 背中の痛み
  • 歯が浮くような感じ
  • 左肩から腕にかけてのしびれや痛み

狭心症の発作の起こり方を分類すると以下のようになります。

労作性狭心症

歩行、階段昇降などの身体的な労作、精神的なストレスが誘因となり安静にすると長くとも15分以内で症状は改善します。痛みや不快感は、毎回ほぼ同程度の運動やストレスによって起こります。

安静狭心症

労作・ストレスに関係なく起こる狭心症で明らかなきっかけは特にありません。

異型狭心症

冠動脈の痙攣によって起こる狭心症です。労作とは関係なく、夜間・明け方に発作が多い事が特徴です。

安定型狭心症

発作の起こり方が一定している狭心症で、労作性狭心症の大部分がこれに属します。

不安定型狭心症

狭心症の症状が軽労作または安定時起こった場合や最近1ヵ月の間に症状が新しく始まるか起こりやすくなり毎日のようにまたは1日に何回も発作を繰り返す場合、ニトログリセリンが効きにくくなった場合の狭心症です。心筋梗塞へと進展する可能性の高い病気です。

狭心症の検査

基本的に、診察にて問診(自覚症状・胸痛の有無の確認)と心電図検査またはホルター心電図検査にて診断を行います。他の疾患との鑑別のために、胸部レントゲン検査・CT検査を行う場合があります。
他には、当院で行うことはできませんが、運動負荷試験・RI検査・冠動脈造影などがあります。

心電図検査当院でできる検査です
まずは他の心疾患等を調べるため心電図検査になります。
ホルター心電図当院でできる検査です
安静時狭心症のように負荷では再現できない症状については、夜中や明け方の状態も知ることができるように24時間心電図を記録するホルター心電図が使われます。
胸部レントゲン検査・CT検査当院でできる検査です
自覚症状が似ている肺疾患やその他の心疾患の鑑別のための検査になります。

狭心症の治療

当院では、狭心症と診断された場合の治療は基本的に行えません。
緊急性の程度にもよりますが、専門の医療機関へ紹介または搬送させていただきます。

当院受診の流れ

当院では、内科を受診して頂きます。内科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
その上で、医師の指示のもと心電図検査またはホルター心電図検査・CT検査を行っていきます。
症状、心電図の結果にて狭心症の診断をされた場合は専門の医療機関に紹介または搬送させていただきます。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる