脂質異常、高脂血症の治療と検査について|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

脂質異常・高脂血症の治療、検査について

血液中の脂質、具体的にはコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎることを脂質異常といいます。

血液中にある4種類の脂質のうち、多過ぎると問題なのはコレステロールと中性脂肪です。

脂質異常には、

  • LDLコレステロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
  • HDLコレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症)
  • トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)

の3タイプがあります。

脂質異常の原因はなんですか?

血液中の脂質が異常に増えても症状に現れず、痛くもかゆくもありあません。そのため自分ではまったく気づかないし、そのまま放置してしまう事がみられます。

放置したままですと、増えた脂質が血管の内側にたまって、※動脈硬化になってもまだ自覚症状がありません。
心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしてからやっと、脂質異常症の重大さに気づくのです。

そのため普段からの会社の定期健康診断や採血をする際に今時点の血液検査の数値がどの程度なのかは日々チェックすることをお勧めします。

※動脈硬化とは??

心臓から体の各部分へ血液を運ぶ血管である動脈が硬くなるものです。
動脈の内側にコレステロールがたまって、血管が盛り上がって狭くなり、それとともに血管が硬くなり血液が流れにくく、血管につまりやすくなるのが問題です。
高血圧症を悪化させたり、腎臓病などの原因にもなります。

動脈硬化はさまざまな危険因子が重なって起こります。
高血圧症が動脈硬化の大きな危険因子の一つだという事は知られていますが、脂質異常症も重大な危険因子です。
さらに、狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病と、脳出血や脳梗塞などの脳卒中は動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。

脂質異常の診断基準について(空腹時採血)

高LDLコレステロール血症 140㎎/dl 以上
低HDLコレステロール血症 40㎎/dl未満
高トリグリセライド血症 150㎎/dl以上
       

脂質異常の原因はなんですか?

さまざまな遺伝子要素や体質、食生活、運動不足、年齢を重ねることによる基礎代謝の低下、肥満などが多いようですが一番の原因が食事だと考えられます。

他の病気や服用している薬の影響を受けることもあります。

治療方法はどのような方法があるのですか?

  • 禁煙する
  • 食生活を見直す
  • 運動療法を見直す
  • 適正体重に近づけると同時に内臓脂肪を減らす

なかでも特に重要なのが食生活を見直すことです。
適正なエネルギー摂取量を見直して肥満を解消することです。

1日に必要なエネルギーの目安

標準体重【身長(m)×身長(m)】× 22 × 25~30Kcal

肉類のおかずより魚介類や大豆製品のおかずを摂るように、コレステロールを多く含む食品には注意してください。食物線維は毎食しっかりと摂っていただき、アルコール、甘いものは控えてください。

食事以外にも改善すべき生活習慣はあり、まずはタバコです。タバコは動脈硬化だけではなく、がん、呼吸器疾患などのためにもやめるべきです。

次に運動療法。スポーツや運動だけではなく、日常生活で身体活動を増やすよう心がけて下さい。

脂質異常の治療の基本は、生活習慣の改善です。薬物療法が始まったからといって、食事療法、運動療法、体重管理、禁煙をやめていいわけではありません。
むしろ薬物療法を始めたら、今まで以上に生活習慣の見直しが必要になると思ってください。

体に負担をかけることなくできる運動には下記のような運動方法もあります。
なるべく自分のペースで負担なくできる運動方法等を試してください。

検査について

脂質異常は自覚症状がまったくないため、早く見つけて対処することがとても重要です。
1年に1回はかならず健康診断を受ける習慣をつけてください。

診断は12時間以上食事をとらずに、血液検査にて調べます。
当院では動脈硬化の検査も併せて検査する事ができます。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる