動脈硬化の治療,検査について|健診会滝野川メディカルクリニック

MENU

動脈硬化について

動脈硬化の原因

身体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈という血管です。動脈の血管が加齢や長年の生活習慣、様々な因子により硬く厚くなって弾力が失われた状態を動脈硬化といいます。
血管が狭くなり血流の流れが悪くなると全身の機能に支障をきたし弊害が起こります。

動脈硬化の起こり方は3つのタイプに分けることができます。

アテローム(粥状(じゅくじょう))硬化

大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化です。動脈の内膜にLDLコレステロールなどの脂肪からなる粥腫(コレステロールを大量に含んだ脂質の塊。血管の内側の膜に蓄積し、隆起している状態)ができてしまう動脈硬化です。大きくなると表面の膜が薄くなり破れることがあり、これによって血栓が作られ繰り返すと動脈硬化が進み、血管が狭くなって血流が滞ったり閉塞したりします。

中膜硬化

血管の構造は、内膜・中膜・外膜の3つの層で構成されています。中膜硬化とは、この中膜にカルシウム物質がしみこんで沈着(たまる状態)で起こる動脈硬化です。カルシウムが適度にたまると石灰化して硬くもろくなるので血管壁が破れてしまうことがあります。大動脈・下肢・頚部の動脈に起こりやすい動脈硬化です。

細動脈硬化

脳や腎臓の中の細い動脈が硬化して血液が滞る動脈硬化です。高血圧や糖尿病などの生活習慣病疾患の状態が長く続くことによって引き起こされます。

動脈硬化について

動脈硬化の症状

動脈硬化は、初期症状がほとんどなく自覚症状がないため、定期的な健康診断・血液検査等で発見することが多いです。動脈硬化が進行すると脳や心臓・足(血管)の疾患になりやすく、また下記の症状が出やすくなります。

頭痛・めまい・手足に力が入らない

心臓

階段の昇り降りで動悸がする・疲れやすい

安静にしていても痛む・足が冷える・足をひきずる

動脈硬化になりやすい人

  • 高脂血症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病疾患の方
  • 善玉コレステロール値が少ない方
  • 悪玉コレステロール値が高い方
  • 運動不足の方
  • アルコールを過剰摂取される方
  • 偏った栄養バランスの食事の方
  • 40歳以上の方
  • 喫煙者の方
  • 狭心症や心筋梗塞の既往が家族の中にいる方

動脈硬化の検査

血圧測定

高血圧の疾患の有無を調べることができます。

血液検査

生活習慣病(高脂血症・糖尿病・高尿酸血症等)の有無の確認ができます。

PWV検査

血液の流れる速度(脈波)を測定し、動脈硬化の程度を測定することができます。 検査時間は5分程度です。

MRI検査

頚動脈・大動脈・腎動脈・下肢動脈の粥状硬化を調べることができます。

動脈硬化の治療

食事や運動などの生活習慣を変えること、生活習慣病の積極的治療で危険因子を除去することが動脈硬化の治療・予防に非常に重要です。

定期的な運動

1回30分程度のウォーキング(有酸素運動)や軽いジョギングを定期的に続けると中性脂肪が減り、
善玉コレステロールが増え動脈硬化に対する予防、あるいは治療に効果があります。

薬物療法

動脈硬化の薬物療法としては、高血圧、コレステロール等の生活習慣病の投薬治療が非常に重要です。

食事療法

動脈硬化の発症、進行を早める肉・卵・バターなどの動物性脂肪をとりすぎないように注意しましょう。
また塩分の取りすぎは高血圧、糖分のとりすぎは糖尿病の原因となるため注意が必要です。アルコールは適量とし出来るだけ禁煙、節煙をしましょう。

※ →当院で、行うことができる治療法です。

当院での受診の流れ

当院では内科に受診して頂きます。症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。その上で、医師の指示のもと、血液検査、MRI検査やPWV検査(脈波検査)を行っていき動脈硬化の進行状況や関連する疾患の確認をさせていただきます。治療は、動脈硬化の原因となる生活習慣病の改善に対して食事療法・運動療法・薬物療法を行います。
また、動脈硬化による疾患に対して専門医の診断や治療が必要な場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる