春や夏、秋の花粉症対策について|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

春や夏・秋の花粉症対策について

花粉症とは、花粉(アレルゲン)が原因で起こるアレルギーのことを言い、症状は主に目と鼻に現れる場合が多く、風邪の症状と似ています。花粉症の患者数は年々急増しており、原因となる花粉としては、春先に飛ぶスギ花粉が最も多く全体の70%を占めているといわれています。
花粉症は突然発症し、早期に完全に治すことは難しく日常生活に大きな支障をきたします。
しかし、薬剤を上手に用いて治療を行えば花粉症をコントロールすることができます。

花粉症の原因

花粉症の原因植物は大きく樹木と草花に分けられます。代表的な植物はスギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどになります。いずれの植物も風によって花粉が運ばれるという共通点があります。
花粉症は2月~4月にかけて発症するのみではなく、原因の花粉の種類によって夏や秋にも発症し、ほぼ
1年を通じて発症するのです。飛散時期は気温によって変化するため、年が明けてからの気温が高いほど
花粉の飛散時期は早くなります。

春先に流行する花粉
北海道ではシラカバ(白樺)花粉が多く発散しますが、本州・四国・九州ではスギやヒノキの花粉が多く飛散します。
初夏から秋に流行する花粉
イネ科の花粉、秋はブタクサの花粉と季節による違いもあります。

しかし花粉症の原因となる花粉と接触してもすべての人が花粉症になるわけではなく、なぜ花粉症になる人とならない人がいるかについては、遺伝的・環境的要因など様々な要因の関与が考えられていますが、まだ明らかになっていません。

花粉症の主な症状

  • くしゃみ…立てつづけに何回も出る
  • 鼻水…透明でさらさらしている
  • 鼻…両方の鼻がつまる・鼻で息ができないこともある
  • 目…目がとてもかゆい・充血・涙目・まぶたの腫れ
  • のど…イガイガする・違和感
  • 皮膚…肌荒れ・湿疹
  • 熱…微熱・熱感

花粉(アレルゲン)が目や鼻、のどから体内に入ってきた直後に症状が現れ、特定の季節に反復することが多く、原因となる花粉の時期が過ぎると症状は収まるという特徴があります。症状が起こる時期は人によってさまざまで、飛散初期は、くしゃみ・鼻水・目の痒みなどの症状が出る事が多いです。風邪や喘息に似た症状を発する事もあり、その後、気管支喘息を発病したり、喘息患者の場合は喘息の発作が起こることもあります。花粉症になると鼻や目などの肉体的苦痛なだけでなく、これら一連の症状による睡眠不足、集中力欠如、いらいら感、食欲不振、気分が鬱になる等、日常生活にも影響が起こる場合もあります。

花粉症の検査

基本的に、診察にて問診と血液検査にてアレルギーの有無や何に対してアレルギー反応があるかの原因検索を行います。

花粉症の治療

花粉症の症状が起こり始めた初期では、鼻粘膜にまだ炎症が進んでおらず、この初期に治療を開始すると粘膜の炎症の進行を食い止め早く正常化させることができるため、花粉症の重症化を防ぐことができるのです。治療法は大きく分けると下記のように分類することができます。

当院で可能

  • 抗ヒスタミン薬の処方
  • 経口ステロイド処方

当院では行えません

  • 局所ステロイド注射
  • アレルゲン免疫療法(減感作療法)
  • レーザーなどによる手術療法

抗ヒスタミン剤に代表される抗アレルギー薬の内服などは即効性に欠けるため、花粉の飛散時期が始まる半月くらい前からの投薬が必要です。即効性のあるステロイド剤には、副作用の懸念も否定できないため医師とよく相談し使用方法を守りましょう。花粉症はなってからの治療がとても難しく、1度花粉症になってしまえば毎年原因植物の花粉が飛散する時期に症状が出ます。いま花粉ではない人も毎年吸い込んでいる花粉が原因でいつ花粉症の症状がでるかわかりません。花粉(アレルゲン)を吸い込んでも花粉症になる人とならない人に分かれますが、これは生まれながらの体質や食生活、生活環境の違いが関係しています。すでに花粉症の人は少しでも花粉症の症状を軽減するために、まだ花粉症でない人は今後もならないよう食生活や生活習慣を見直してみましょう。

花粉症を予防するための注意点として・・・

  1. 飛散の多いときの外出はなるべくさけましょう。
  2. マスク・眼鏡・帽子・マフラーを着用して花粉を遠ざけましょう。
  3. 花粉を家の中に入れないようにしましょう。
  4. 帰宅時は衣服や髪をよく払ってから入室しましょう。
  5. ファストフードや加工食品の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食生活に改善しましょう。
  6. たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は控えめにしましょう。

当院受診の流れ

花粉症の症状が出る前、または症状が出始めた初期の段階であれば症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。当院では内科の診察にて問診を行い症状に応じて投薬処方、必要があればアレルギーの原因を血液検査にて調べることが出来ます。花粉の季節が終わっても症状が治まらない方、年間を通してアレルギー症状のある方はハウスダスト・ダニ・動物がアレルギーを引き 起こす原因となっている場合があるので早めの医療機関の受診をお勧めします。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる