肺炎球菌の予防接種とワクチンについて|健診会 滝野川メディカルクリニック

肺炎球菌について

肺炎球菌とは

肺炎球菌は免疫の働きが充分でない、乳幼児や高齢者に様々な病気を引き起こします。

近年では抗生物質の発達により減少しつつあります。しかし、高齢者の感染では抗生物質が間に合わないことが少なくありません。事前に予防することの重要性が見直されています。

肺炎球菌によって起こる主な病気には、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎、敗血症などがあります。特に高齢者や基礎疾患がある場合には重症化し、致命率も高いので予防することが重要です。実際、日本の死亡原因の第4位は肺炎です。肺炎による全死亡者数の95%が65歳以上、肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。

肺炎球菌による疾患の予防

  1. 規則正しい健康的な生活
  2. 禁煙
  3. 誤嚥を防ぐ
  4. 口の中は清潔に
  5. 基礎疾患を治療する
  6. 予防接種……「肺炎球菌ワクチン」を接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状で すむ効果が期待されます

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し重症化を防ぎます。
(※全ての肺炎を予防するものではありません)
接種をしてから免疫(抗体)ができるまで、平均で3週間ほどかかります。
1回の接種で5年以上免疫が持続すると言われています。季節を問わず接種可能です。

肺炎球菌ワクチンの接種が特に奨められている方

  1. 65歳以上の方
  2. 呼吸器に疾患をお持ちの方COPD(肺気腫・慢性閉塞性肺疾患)
  3. 糖尿病を治療中の方
  4. 慢性心不全の方
  5. 肝硬変など慢性肝疾患の方
  6. 養護老人ホームや長期療養施設などに移住されている方

※上記のような慢性疾患がある方は65歳未満でも接種が受けられます。

接種を受けることができない方

  1. 接種当日、明らかな発熱や体調の悪く医師が接種可能と判断できない場合
  2. 2歳未満の方
  3. 強いアレルギー体質の方など

肺炎球菌ワクチンの副作用とは

接種後に、注射部位の腫れ、痛み、発熱などがみられることがありますが、通常2~3日で治まります。
5年以内に再接種をすると、注射部位の痛みなどの副反応が強く出ることがあるため、再接種を行う場合は必ず5年間あけて行う必要があります。

当院での受診の流れ

当院では、内科を受診して頂きます。最初に体温を測定して頂き37℃以上の発熱をされている方や風症状のある方は、本日はワクチンを接種する事ができません。診察にて持参された問診表に基づいて問診を行い、医師の指示のもとワクチン接種の有無を確認します。

肺炎球菌ワクチン予約

当院で肺炎球菌ワクチンを希望される方は、受付窓口、またはお電話にて予約が必要になります。

お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30

※北区に住所を有する、接種日現在で65歳以上の方は区から一部補助の予診票がありますので、北区役所に問い合わせてください。
なお、過去に肺炎球菌ワクチンを接種された方は補助対象外です。

ページトップへもどる