脂肪肝の症状と検査・治療について|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

脂肪肝の症状・治療・検査について

脂肪肝の原因

脂肪肝は肝細胞内に中性脂肪(トリグリセリド)を主とした脂質が蓄積した状態をいいます。脂質が貯留し、重量として5%を超えた場合、または肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積している場合に脂肪肝と診断されます。

脂肪肝の主な原因は肥満・高脂血症・アルコールの過剰摂取・暴飲暴食・糖尿病があります。
それらの原因を引き起こす要因として共通するのは、栄養バランスの偏った食生活や慢性的な運動不足などといった生活習慣の乱れからくるものがあります。

無理のある過酷なダイエットやリバウンドを繰り返している場合には肝臓から脂肪が代謝される際に必要となるたんぱく質が不足し中性脂肪が排出されずに溜まりだしていくケースもあるので注意する必要があります。
また、標準体重より20%以上の重い肥満では約20%~30%以上の方に脂肪肝が認められています。
まれに、薬剤性脂肪肝や、女性の場合は急性妊娠性脂肪肝(妊娠後期におこり重症化することがある)があります。他には、飲酒を原因とするアルコール性脂肪肝(ASH)、肥満人の増加に伴い非アルコール性脂肪肝(NASH)が増加傾向で、肝硬変から肝がんへと進行することがあります。
子供の場合はライ症候群が原因のこともあります。

脂肪肝の症状

脂肪肝では倦怠感や腹部膨満感、腹部のつるような痛みの症状が出る場合もありますが、大体は自覚症状がほとんどありません。悪化したときに食欲がない・疲労感・身体がだるい、重いと感じる程度です。
そのため、健康診断での血液検査の際に肝機能検査であるGOTやGPTの上昇があり偶然発見されることが多いようです。

脂肪肝の検査

血液検査で血液中のChE(コリンエステラーゼ)・TG(中性脂肪)、またアルコール性脂肪肝ではGOT・γ‐GTP、薬剤性脂肪肝ではGPTが上昇します。しかし、血液検査だけでは脂肪肝と診断することはできず、腹部の超音波検査や腹部CT検査と照らし合わせて診断します。

脂肪肝の治療

脂肪肝の治療としては、食事療法やアルコール摂取の制限、適度な運動などの生活習慣の改善を行い脂肪肝の原因となる肥満や高脂血症、糖尿病の治療を行っていく必要があります。そして、定期的に肝機能の数値を検査し現在の状態を把握していくことが大切です。

当院での受診の流れ

当院では、内科を受診して頂きます。内科医より、症状の程度・随伴症状に基づいて診察を行います。
その上で、内科医の指示の下、血液検査、腹部のCTや提携医療機関による腹部超音波検査などの精密検査を行っていきます。治療は、脂肪肝の原因となる生活習慣病の改善に対して食事療法・運動療法・薬物療法を行います。これらの治療により数値が安定しない場合や専門医の診断が必要な場合、更なる治療が必要な場合は専門の医療機関に紹介させていただきます。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる