アルコール性肝機能障害ついて|健診会 滝野川メディカルクリニック

MENU

アルコール性肝機能障害について

肝臓にとってアルコールは、解毒処理が義務づけられている1つです。
アルコールが体内に入ってくると肝臓はアルコールがゼロになるまで代謝し、分解し続けます。

毎日、大量のアルコールを飲み続けると、アルコールを分解する酵素の働きが活発になり、より多量のアルコールを飲めるようになります。
酵素が無い方は強くはならないので注意が必要です。

しかしその結果、肝臓の細胞の変化が恒常的に続くようになり、肝細胞の変性・壊死と細胞間質細胞の線維化が起こり肝臓の働きが衰えてきます。
これが、アルコール性肝障害です。

アルコール性肝機能障害の進行について

骨アルコール性脂肪肝

原因について

一般的に、アルコールを毎日2~3合以上を約5年以上飲み続けた場合、または飲酒に伴ってつまみなどを食べ過ぎる事により、中性脂肪が肝臓に蓄積することが大きな要因です。

症状について

倦怠感や疲労感という以外には特に目立った症状はなく、健康診断で肝機能障害の異常を指摘されるまで自覚症状はない事が多いです。
しいて言えばお腹のハリ感、しくしくするような痛みぐらいが有る程度です。

肝機能の代表的な採血項目
GOT・GPT・γ-GTP・ALP等

治療について

節酒、出来れば禁酒を行い、栄養バランスのとれた食生活を続けて、適度な運動により基礎代謝を向上させれば改善され完治します。
しかし元の飲酒の生活に戻ると元に戻ってしまいます。

アルコール性肝炎

原因について

アルコール性脂肪肝に気付かないまま飲酒を続けていたり、一気に大量のアルコールを摂取すると急激に肝臓の状態が悪化し肝細胞が壊れたために起こります。

症状について

全身倦怠感、食欲不振、吐気嘔吐、黄疸、肝腫大や消化器症状を伴うこともあります。

重症化すると、ひどい全身倦怠感、吐気嘔吐、吐血、意識障害、黄疸、出血傾向、腹水の出現があり劇症肝炎のような経過をたどって1ヶ月以内に死亡することもあります。

治療について

アルコール性肝炎で症状が激しい場合には入院治療が必要になります。
禁酒と安静を保ち、輸液で脱水と電解質異常の改善を行います。多くの場合、治癒後もアルコール依存症の治療が必要になります。

アルコール性肝硬変

原因について

肝細胞が破壊され、線維化が進んで硬化(硬くなること)します。肝臓は再生能力が高いため、破壊されずに残っている肝細胞が機能の低下を防ごうと増殖しその結果、肝臓の表面に、3~4mmの結節がいくつも形成され、もう元の肝臓に戻る事はありません。
過度の飲酒が原因で起こった肝臓病の終末像です。

症状について

肝硬変の初期には食欲不振や全身の倦怠感、症状が進行するにつれ、黄疸や下肢の浮腫、腹水などがみられ、さらに悪化すれば食道静脈瘤や肝性脳症を招き、生命に関わる事態になります。

治療について

肝硬変にまで進行すると、肝臓を元の状態に戻すことはほとんど不可能です。
しかし、肝臓がある程度働きを保っている代償期に禁酒と安静を徹底し、バランスの良い食生活を続けていれば、それ以上の進行を抑える事ができます。

アルコール性脂肪肝を調べる検査方法は?

まずは採血検査になります。
必要な検査は肝機能系検査、肝炎系検査、高脂血症系検査になります。(当院でできる検査です)

進行具合は腹部超音波による検査が一般的です。(当院でできない検査です)
または腹部CT又は腹部MRIによって脂肪肝、肝硬変、胆石、腎結石などの腹部の疾患をまとめて調べることが可能です。(当院でできない検査です)

アルコール性肝機能障害は当院では治療する事はできません。専門の医療機関へ紹介させていただきます。

最後に・・・

アルコール性肝障害は自分の意思で予防ができる病気です。肝臓に負担をかけない様に上手にアルコールと付き合うことが大事です。
「沈黙の臓器」と言われるように、肝臓は多少無理をしても働き続けるため、気付かないうちに病気が進行してしまうケースが少なくありません。
飲酒の習慣のある人は、最低でも週に2日は休肝日をつくるようにしていきましょう。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる