ノロウイルスについて。大人も注意。症状や潜伏期間について|健診会滝野川メディカルクリニック

MENU

ノロウイルスについて

ノロウイルスは、秋の終わり頃から冬の中頃にかけて流行します。
他の細菌やウイルスよりも極端に小さく10~100個程度の少量のウイルスが体内に入っただけで感染します。また、感染力が非常に強いため家族の1人が感染すると全員が感染する可能性があります。
感染経路としては、以下のことなどがあげられます。

感染ルート例
  • ノロウイルスに感染した患者の糞便や嘔吐物から人の手などを介して感染。
  • 感染した人との接触したことによる飛沫感染。
  • ノロウイルスに感染した二枚貝を十分に加熱処理せずに摂取したことにより感染。
  • ノロウイルスに感染した人が調理した食品を摂取したことにより感染。

などが主な感染ルートとされています。

ノロウイルスの症状

  • 激しい嘔気、嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 腹部膨満感
  • 発熱(軽度から高熱あり)

潜伏期間は24~48時間で上記の症状が数日続いた後に軽快します。
感染しても発症しない場合や風邪症状で軽快する場合もありますが、抵抗力の弱い高齢者や乳幼児などは重症化する場合があるので注意が必要です。

ノロウイルスの治療方法

ノロウイルスに効果のある抗ウイルス薬はありません。症状に応じた対処療法を行っていきます。
下痢がひどい場合でも止痢剤の使用はノロウイルスを体内に留めてしまい回復を遅らせてしまうことになるので注意が必要です。
乳幼児や高齢者は、症状が長引くと脱水症状を起こしたりと悪化傾向になることがあるので十分な栄養と水分補給が大事となります。脱水症状が強い場合には、点滴などの輸液療法を行います。
症状が改善しない場合や悪化傾向時は入院施設のある病院での治療が必要になります。

ノロウイルスの予防方法

  • 手洗は、手指に付いているノロウイルスを減らす有効な手段です。爪は短くし石鹸にて指の間や爪と皮膚の隙間などしっかり洗い流すようにしましょう。
  • 食品を取り扱う人や調理器具からの二次感染を防止しましょう。下痢や嘔吐などの症状がありノロウイルスの感染が疑われる人は、食品や調理器具からの感染が広がる可能性があります。調理器具は専用とし使用後は洗浄や消毒をしっかりとしましょう。
  • 貝類(二枚貝)などは生食をできるだけ避け加熱処理をしっかりするようにしましょう。(中心温度が85~90℃で1分以上)特に子供や高齢者などの抵抗力が弱い人は注意が必要です。
  • ノロウイルスに感染している人の糞便や嘔吐物を処理する際には、必ず使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように静かにふき取りましょう。十分に喚起を行い、床や壁など汚染 された場所は次亜塩素酸ナトリウムにて消毒をするようにしましょう。

ノロウイルスを蔓延させないためには、予防と適切な処理が大切です。
外出時はマスクを着用するようにし、帰宅後は手洗い・うがいを行うようにしましょう。
ノロウイルスが疑われる場合は、かかりつけの病院や保健所に相談しましょう。
また、症状がある場合には、他の人に感染させないように注意するとともに症状にあわせた治療を行うように していきましょう。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
03-3910-3441
平日:9:00~11:30、14:00~17:30
人間ドックのWEB予約
ご予約はこちら
ページトップへもどる